雑誌読み放題 比較 2018

雑誌読み放題比較【2018最新情報】

雑誌読み放題比較【2018最新版】

結論から雑誌読み放題の選び方は好みであると話してしまえば、あまりにも有益な情報でなくなってしまうからこそ、あえて雑誌編集者に近いスタンスでWebを更新している私の視点から利用している3つのサービスについて紹介したい。

 

一つ言える事は個人的に雑誌を読むとすれば、いくら膨大な雑誌があっても結局2〜3誌しか読まないのだから、読みたい雑誌があれば十分で、後は値段で決めることが良い選択だと私は考える。

 

私が利用している雑誌読み放題のサービスは、dマガジンと楽天マガジンです。若干のラインナップの違いから両方申し込んでいます。

 

何故、読み放題サービスを利用し始めたか?という話になりますが、私自身オウンドメディアをコツコツ作成しておりそのインスピレーションや構成を学ぶために、毎月店頭に雑誌を買いに行く日常で、時間もお金もかかっていました。

 

知識欲に任せて本屋さんで新品を購入すると、毎月16,000円程の出費と、時間がかかり、ロスを抑えるためにAmazonでの出品を行うなどして何とか、経費を抑えていたのですがどう考えても、読み放題サービスを利用した方が時間の節約にもなり節約にもなるのです。

 

1つになるところは、一部の芸能人が灰色に塗りつぶされている所なのですが、旬な情報や、新商品のチェック。掲載し続けられている商品ならば費用対効果が良いだろうから売れているのだろうというアタリ等マーケティングを素早く行うことが出来るのです。

 

気になる記事はスクリーンショットを取ってEvernoteにまとめて置ける利便性があるので、雑誌を破りファイリングをする。付箋をつけるなどの必要はありません。私も紙でなければ絶対に嫌だと思っていたのですが、「慣れれば良い!買い物に行く時間を考えたら既にロスは少ない」と言い聞かせ続けてみたところ、あっという間に慣れることが出来ました。

 

勿論、雑誌の内容を丸パクリしてサイトにあげるというのは厳禁ですよ。Webの記事編集者の人にお勧めですがそういう邪な事は考えないようにしましょう。

 

一応Kindle Unlimitedも契約はしているが、あまりにも数が多すぎる為迷いが出て時間を浪費することになる為、雑誌の認知度がわかりにくいため、厳選された売れ筋のランナップの、dマガジンと、楽天マガジンを愛用しています。

 

PCからも読めるという利便性からEvernoteにまとめたい時は、dマガジンが一番重宝するが、iPadでパシャパシャとiCloudに上げていきその中からEvernoteへメモを添えながらまとめ上げていくのと大差は無い。

読み比べてわかったこと

読みやすさという点では、慣れの問題もあるし、操作性に大差はない。dマガジンも、楽天マガジンも、Kindle Unlimitedも、スマートフォンかタブレット端末から見る分には差が無い。

 

PCから読みたいのであれば、dマガジンかKindle Unlimitedになる。

 

プレイステーション系のアプリ(PS4、PS3)から読むことが出来ないか?調べてみたが、流石にゲーム機から雑誌を読むという発想はないらしい。

 

ゲーム機ならば雑誌というよりもNetflixで映像を見るために使うことが良いだろう。

 

スマートフォンから読む際は紙媒体を小さな画面で読むあたり、どうしてもパラパラとめくって気になるところを拡大して読むという煩わしさはあるが、それも各社共通の仕方のない事である。

 

その為端末に応じた読みやすさというのはそれほど差はない事と思う。

 

ただ、雑誌のラインナップが厳選されていてあなたにとって程よい事を考えたならば、無駄なほど雑誌の数が多いよりもはっきりとした読者向けに取りそろえを行っている程よい雑誌読み放題サービスを選択するのが、一番利便性が高いと言える。

 

例えば数千冊のなかから、女性誌までカテゴリーを掘り下げ、そこから更に出版社を選ぶなどの操作があるKindle Unlimitedはあまり日常的に使いやすいとは言えないのだ。

 

ただ、Kindle Unlimitedの強みはレーティングが付いている事。Amazonという巨大な規模のユーザーの評価から雑誌を選ぶというスタイルをとることが出来る為、特にこだわりの雑誌が無く、人の評価を頼りにすれば時間の無駄が少ないと感じる人ならばKindle Unlimitedが良いケースもある。

タブレットの用意は必要なのか?

もしタブレットを持っていないならば、わざわざタブレットを買う必要もなく、スマートフォンか、PCで読めば十分だと思うが、スマートフォンしか持っていないのならば、是非タブレットをお得に手に入れていただく事をお勧めしたい。

 

ただ、タブレットというのはandroid系OSであっても、iOSであっても、アップデートが用意されている為、雑誌を読むという事にはほとんど支障はない。

 

ただ、iOSに関しては、メーカーがバラバラである為、一つ一つのメーカーにユーザーが分散している状況だからこそ、ユーザーが少ないという事は、ユーザーからの声が圧倒的に少なく、メーカーにとっても主力事業化できる程の市場ではないという扱いになる為、Android系よりもiOS系の端末にした方が良い。

 

Appleは商品数を絞ることで、出来るだけ力を分散しないようにしている点、商品提供者としての責任感を持って、改善を繰り返す性質があり、ユーザーを大切にする意図で張り巡らされているため、不便さが一つあったところですぐに改善される期待が高いから私はジョブズが亡くなってしまった今でも、Appleを推奨する。

 

私自身も、タブレットは複数買い替えてきたが、Windows系はパソコンを持ち歩けるようにしただけで、タブレットという独立した市場ではない為、iOSでもAndroidでもない所から、互換性という点では難民化することになる。

 

Androidについては、いくらGoogleが強くても、メーカーが商売にならないからと雑に扱われている気分になり、選ぶときは博打のような気分になるからお勧めできない。

 

iOS、つまりiPadが一番お勧めの端末だが、既に持っている環境で読むことが一番経済的には良いだろう。不便さを感じる程であれば、中古ショップやオークションを使って、出来るだけ安いiPadを購入すると良い。

 

古すぎる端末だとそれはそれで問題がおこるが、常々文明の進化の速度の速い現代から考えると、購入のタイミングで、大手の量販店のスタッフに新品を買うふりをして質問をしてしまうのが一番早くイメージすることが出来る。

 

大手量販店と言っても、ヨドバシカメラ、ビッグカメラ(大きな駅前)以外は、地元の小さなエアコン取り付けなどを行うあまりデジタルに詳しくない電気屋のおじさんとあまり変わらない知識である可能性が高いため、あなた自身の住まわれている土地の中で一番人が集まる駅を軸に質問をしてみると良い。

 

情報が解ったら、iPadと合わせてLate”西暦”でオークションを探し、ソフマップの中古やAmazonの中古、楽天の中古等、3~5店舗同じフレーズで検索して、値段のやすい物を探せばそれほど損なく購入することが出来る。

私のおすすめ3選

他にもたくさんの読み放題雑誌があるが、私の場合は王道の3つ
dマガジン、楽天マガジン、Kindle Unlimitedの3つがお勧めである。

 

dマガジンは180誌 
432円/月

 

楽天マガジンは200誌 
410円/月

 

Kindle Unlimitedは
雑誌と本が混ざり999冊であることが確認できる。
980円/月

 

各社いずれも追加が激しかったり入れ替わりが激しかったりもするが、それほど大きな変化は徐々に起きるものだから、それほど気になることは無いだろう。

 

一般的な読者として考えたなら

 

現状ぱっと自身の目で確認して、読みたい雑誌が揃っていて値段が安いものを選ぶといいだろう。私は仕事として雑誌に目を通す必要があるのだが、いくら数があっても、全てに目を通す時間は無いものだ。

 

ネットで情報を調べる事とは少し一味違った情報のまとまりを感じるし、ネットであっても出版社の拡散力は未だ強いものだからこそ、流行を作る元でもある為、服を買うなら流行のファッションを選びたい派のあなたにもお勧めしたい。

 

何よりショッピングに行く際、どの読み放題サービスも、スマートフォンとiPhoneにも対応しているし、スクリーンショットを活用すれば、目当てのトレンドの服を覚えておくことが出来るし、携帯に便利な端末でチェックしながら服を買うことも快適にできるはずだ。

 

節約家の方ならば、この三つのどれも別の利便性があると思う。楽天カード利用者ならば、楽天ポイントが高価値に思えるだろうし、ドコモユーザーならドコモポイントが高価値に思えるはずだ。

 

普段使わないポイントが加算されることは気持ちが悪い事だと思うからこそ、一般的に推奨するならば、楽天、ドコモいずれかが良いと思う。

 

Yahoo ブックストアなどもあるが、雑誌にはあまり強くない事は、女性誌のラインナップを見れば一目瞭然である。